心と体

2009年10月29日 (木)

ストレスホルモン

少し汗ばむ秋晴れの日。
午後からあるNPOの会議に出席する。
理事を引き受けているので、少し意見を言わせてもらう。
 
昨夜は、久しぶりに知人とミッドナイトまでおしゃべりに花が咲く。
好きなことをしゃべって笑ったので、今朝はお肌がツルツルしている。
気のせいかも知れないけれど。
 
夜、髪をカットするためいつものサロンへ。
担当のI女史によると、「楽しくてストレスホルモンがどこかに行っちゃったのですよ」。
研究熱心な彼女が教えてくれる。
シャンプーしてカットだけなので、一時間あまりで開放され、ジムへ。
 
いつものクロストレーニングとストレッチ。
今日は時間がないので泳ぐのはパスする。

| | コメント (0)

2009年10月 1日 (木)

ピンクリボン

今日から10月。
今年もあと3ヶ月になってしまった。
夜ジムでいつものトレーニング。
最近は筋肉がついたせいか体重が減らないし、増えない。
あと1キロ減らしたいのですが。
今夜の東京タワーも都庁ビルもピンクに輝いている。
そう。10月は乳ガン防止キャンペーン。
ピンクリボンのシンボルマークをイメージしているのです。
最近も知人が乳ガンに、早期発見が大切だとつくづく思う。
<スタッフからの誕生祝いの花>

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

那須の森便り 2

朝から太陽が顔を覗かせています。
久しぶりの青空。
森の中も少しづつ住民が増えてきました。
空気が美味しいせいか、おにぎり一個でも美味しい。
モーツアルトが木々の間を縫って、まるで水のように流れる。
いい気分。仕事もはかどる感じ。

気がつけば3時間続けてパソコンに向かっていたので

目が少し疲れたような。

いつのまにか時間が過ぎ、「時間と仕事」をテーマに書いても

森の中では通じない。

文明社会に生きている、とわれながら、苦笑。
すべてがゆったり流れていく。

夜は温泉にゆっくりつかる。

窓を開放すれば露天風呂気分。
いつものリンダ・ハワードの本を読みながらいつのまにか寝てしまった。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

那須の森便り

先週の金曜日、仕事を終え、夜遅く山荘着。
森の夜は静かで、寒いくらい。
東京を離れると、暑さも雑音もウソのように遠のく。
東京にいるとどうしても仕事をやりながらの執筆活動になるので夏休みをかねて4冊目は森の中で書くことに。

Nasushosai (山荘 書斎の窓辺)

ドンキーも野生に帰ったのか、食欲旺盛とても元気。
寝ていても、人間のそばにいつもいられるので楽しそう。

那須の野菜を買いに山を降りる。
現地の人が作って売っている野菜売り場には夏の旬の野菜がどっさり。

つい、必要以上に買って(!)しまう。でも、野菜たっぷりの生活も身体によさそう。

野菜売り場のおばさんに勧められ、生でも食べられるという”白いナス”を買う。
薄く切って、そのまま浅漬けにする。

夜、寒いので薪を焚く。八月ですぞ。
薪のパチパチした音を聞きつけて、いつのまにかドンキーが暖炉の前の”定位置”に陣取ってしまう。
カレは暑いのも寒いのも苦手なのです。

森の中は”自然との対話”が多すぎて、原稿はいっこうにすすみません。

| | コメント (0)