« 自然のいたずら | トップページ | 初夏の香り »

2012年5月 5日 (土)

森のきこり

5月5日

昨夜から今朝にかけ、かなりの風が森の中を吹き荒れた。こんな時、鶯や小鳥たちはどうしているのか。気になる。

午後、風がやみ、初夏らしい森の太陽が顔をのぞかせた。少し、森を散歩した後、わが庭の風で折れた木々の枝の後始末をする。見た目は小さな木でも、持つと、かなり重い。

のこぎりで一時間ほど「ギコギコ」と折れた枝の整理整頓。慣れぬ作業で、いつもは使わない腕の内側が痛い。自然との共存生活は体力もいる。

今夜の森は冷えそうなので、五時になれば、暖炉の薪に火をつけなくては。

それに。こんな時は、美しい満天の夜空が期待できそうな予感。

ワクワクしながら天体望遠鏡のレンズを磨く。

森の住人になって一週間。明日からはまた、都会の生活が待っている。少しづつ、仕事モードに頭を切り替えていく。

|

« 自然のいたずら | トップページ | 初夏の香り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然のいたずら | トップページ | 初夏の香り »