« 桜が満開です。 | トップページ | 思いがけない春の贈り物 »

2012年4月13日 (金)

春爛漫

4月13日

いつもより2時間も早く、目が覚める。

散り始めた桜の花に集まってくる小鳥の声をバックの音楽に読みかけの本を開く。

森の中と違い、都会で聴く小鳥の声はとても高価で心地よい。

小さなパテイオが、まるでピンクの絨毯を敷き詰めたように桜の花びらで埋め尽くされている。

そして、次から次へ白い花びらがまるで雪のように舞い降りてくる。

いつのまにか、君子ランの白い花が豪華に咲き誇っているのを発見。

10年も前にプレゼントにいただいた鉢植えを外に出して、手入れもせずにほおっておいたのに。環境が気に入ったのか。

自然のエネルギーは素晴らしい。

花より団子? 今は読書より花。

春の宵もいいが、早朝の4月も捨てたものではない、と実感。

「ひらひらと花舞い落ちる春の朝」

|

« 桜が満開です。 | トップページ | 思いがけない春の贈り物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜が満開です。 | トップページ | 思いがけない春の贈り物 »