« | トップページ | 初冬の雨 »

2011年11月10日 (木)

冬の朝

11月10日

早朝の朝はさすがに寒い。朝食の準備をし、執筆作業に取り掛かる。あたりはまだ薄暗い。毎日の雑事や仕事が重なり、早朝の一時間は私にとって貴重である。サラ・ブライトマンのCDを聞きながらパソコンに向かう。遠くで数種類の野鳥の鳴き声がする。都心といっても代々木公園が近いせいかいろいろな野鳥の訪問がある。昼間は気にならないが早朝の静かな住宅街には鳥の鳴き声が自然を近くしている。

TPP参加については賛否両論あるが、日本の産業や農業が国際競争に勝ち残るためには何が必要か。昨日もNHKが街の人々の声を流していたが、TPPについては国民がどう考えるかより政治家の豊富な情報や知識、そして先見性を持ったリーダーシップがまず示されるべき。

白菜が美味しい時期になった。先日、初めて挑戦したキムチ。”モニター”を勤めてくれるスタッフのNからは絶賛の声。気をよくして、周りに配りまわる。新しい挑戦はまず料理からスタートが持論。何事も些細なことに喜びを見出す。丁寧に生きることが大切だと思っている。

|

« | トップページ | 初冬の雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 初冬の雨 »