« 那須の森便り | トップページ | 森の中の“半世紀”ぶりのミニ同窓会 »

2009年8月 5日 (水)

那須の森便り 2

朝から太陽が顔を覗かせています。
久しぶりの青空。
森の中も少しづつ住民が増えてきました。
空気が美味しいせいか、おにぎり一個でも美味しい。
モーツアルトが木々の間を縫って、まるで水のように流れる。
いい気分。仕事もはかどる感じ。

気がつけば3時間続けてパソコンに向かっていたので

目が少し疲れたような。

いつのまにか時間が過ぎ、「時間と仕事」をテーマに書いても

森の中では通じない。

文明社会に生きている、とわれながら、苦笑。
すべてがゆったり流れていく。

夜は温泉にゆっくりつかる。

窓を開放すれば露天風呂気分。
いつものリンダ・ハワードの本を読みながらいつのまにか寝てしまった。

|

« 那須の森便り | トップページ | 森の中の“半世紀”ぶりのミニ同窓会 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

那須の山荘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那須の森便り | トップページ | 森の中の“半世紀”ぶりのミニ同窓会 »